歴史

室内楽の会には、実はそれなりに長い歴史が存在しています。会員の人でも知らないことのあるサークルの歴史ですが、過去にはいろいろなことがあったらしいです。
Web管理人の私ですら知らないような古い話もあり、長老会員の皆さんの協力を得てこのコンテンツを充実させていこうと思います。

創立~規模ピーク期まで

栄枯盛衰はサークルの必定です。このころはいうなれば栄光の時期といったところでしょうか。いろいろと計画が動いていたようです。

1960年代(?) 創立

創立当時の資料がことごとく消滅してしまっており、当時の事情はかなり謎に包まれています。当時のいろいろな事情をご存知の方、できればWeb管理人まで連絡をください。

1992年ごろ

創立から苦節(約)12年、ようやく駒場キャンパスに現在も使われている「会室」を確保できました。

東大駒場はサークル数に比べてサークル用スペースが明らかに不足しており、現在でもサークルスペースの確保は至難の業だそうです。

1994年

このころから資料がそろいはじめています。東大全体のクラシック系音楽サークルが充実するのに反比例して室内楽の会は規模が縮小していく悪循環がこのころからはじまっています。

1月 歌劇団が派生
うちのサークルから初の東大内派生組織誕生です。今回派生したサークルは室内楽とあまりに傾向が違う方向性の組織なので致命傷にはならなかったようですが、オーケストラをやりたいという心は強烈だったのでしょう。

2月 カザルスホールのアマチュア室内楽フェスティバルに出演
「室内楽フェスティバル」は今は亡き超名門ホールの看板イベントのひとつでした。確か今井信子さんの関連イベントだったような記憶があります。カザルスホールといえば泣く子も黙る超高級演奏会場、今から考えてもうらやましいです。

10月 ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番を演奏
超のつく名曲ですし、(本来)通常の意味では室内楽サークルでの演奏はきわめて困難と考えられる作品です。多数のエキストラを依頼してなんとか成し遂げたらしいですが、それだけのことができる威力が(当時は)あったということで、サークル規模という意味ではひとつの頂点と考えてもよいのではないでしょうか。
例の本で紹介された演奏は(多分)この次の回の演奏だと思います。

壊滅~再生編

すこし時間が飛んで1999年~の動向を追いかけていきます。この時期になると東大フィルも完全に分離独立し、室内楽の会そのものの存在意義が不明瞭となってきました。

1999年

サークル全体の規模として数回目の極小期です。長期間にわたって活動を継続している人に限定すると新人がわずか1人or2人と、サークルの存続に黄信号がともってしまいました。一方、室内楽の会から分離独立した東大フィルや歌劇団は規模を安定拡大していたようです。

2000年

新歓作戦を強力に推し進めた結果、かなりの人数の1年生が入会しました。この時点で、とりあえずの存続自体は青信号に変わったと思われていました。

このときは何かの偶然で現代音楽好きが多く入会したため、当サークルの特徴のひとつである「音楽であれば何を演奏しても可」という傾向がより強まったのもこの年の特徴でしょうか。

2001年

かなり新人の人数が少なく、将来へ向けた存続に再び黄信号がともりました。一方、2003年まで続く特殊な運営体制の基盤が仕上がったのもこの時期です。

2002年

この年はとうとう東大駒場所属の新人が0にまで減少してしまい、合宿においても参加人数1桁という致命的事態を引き起こす結果となり、サークルの魅力が減少してさらに人が減るという悪循環に陥りました。

この年の運営は事実上「将来の存続をどうにかして確保する」ことに全力が注がれたと言ってもいいと思われます。今だからこそ表に出せることですが、この時期には東大サークルとしての立場からの撤退(=一般の室内楽サークルへの変容)も検討されていました。

2003年

かなりの人数の新しい顔を迎えることができました。

役職再配分も無事に完了し、2001年~2003年前半に実行された特殊な運営体制はようやく終わりを告げることができ、拡大再生産のことを考えられるようになったのがこの年の最大の収穫だったと思われます。

2004年

前年に引き続き、多くの新入会員に恵まれました。駒場祭演奏会では本部後援企画にも選ばれ、合宿も30人を超えるなど、大規模な活動が目立ちました。

近年の動向

2005年~2016年

随時更新するといいながら、全くwebページが更新されていませんでした汗。最盛期に比べればだいぶ小規模と化してしまいましたが、演奏会は毎年開いてきたし、なんとか存在し続けてここまで来ました。

2017年~

久々にこのページを更新しました!室内楽の会は、以前に比べるとだいぶ小さなサークルとなりましたが、そのころの繁栄を取り戻すべく、規模拡大中です!新規会員大募集中!是非、一緒に音楽を楽しみましょう!!!

問い合わせ

Home

About

Event

Activity